2006年01月08日

ニュー・シネマ・パラダイス

映画「ニュー・シネマ・パラダイス 」を先日深夜の映画で初めて観ました!

深夜の変なテンションも手伝ったexclamation&questionのか、大感動してしまいましたぴかぴか(新しい)


しかも、映画を観て感動しても流涙することのないラッパ吹きがこの映画を観てボロ泣きしてしまうほど感動しました!


映画は戦後間もないシチリアの小さな村の映画館をめぐる人人の映画への愛を描く。

エグゼキュティヴ・プロデューサーはミーノ・バルベラ、製作はフランコ・クリスタルディ、監督・脚本は本作品が日本での一般公開第一作になるジュゼッペ・トルナトーレ、撮影はブラスコ・ジュラート、音楽はエンニオ・モリコーネが担当。出演はフィリップ・ノワレ、ジャック・ペランほか。89年カンヌ映画祭審査員特別大賞受賞。


ストーリーは多くは説明しませんが、物語は大きく3つにわかれていて主人公「トト」の少年期、青年期、30年後の現在が描かれています。

そしてそのトトのよき理解者であるアルフレードがいい味を出してるんです。

トトとアルフレードは父と子というより、おじいちゃんと孫という位の年齢差なんだけどその友情は深く、この物語の醍醐味でもあります。


そんなアルフレードが私の祖父にそっくりで(頭の具合が)自分と祖父に物語をダブらせて映画をみてました!


とにかくこの映画は大感動です!

今更ながらニュー・シネマ・パラダイスに魅了されました!

まさかまだ観ていない人はいないとは思うけど、もし観てないなら必ず観てくださいねわーい(嬉しい顔)

最高の175分を堪能できること間違いなしexclamation×2
posted by ラッパ吹き at 22:23| Comment(0) | TrackBack(3) | MOVIE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Nuovo Cinema Paradiso
Excerpt: 松の内も終わり、いまさら「おめでとうございます」でもないのだが、今年も擬藤岡屋日記をよろしくお願い申し上げます。 用事があって「日曜日の銀座」に全くの久し振りに出かけ見ると、なんと中央通りは未だ「歩行..
Weblog: 擬藤岡屋日記
Tracked: 2006-01-09 14:31

NUOVO CINEMA PARADISO (ニュー・シネマ・パラダイス)
Excerpt: ニュー・シネマ・パラダイスフィリップ・ノワレ ジュゼッペ・トルナトーレ 角川エンタテインメント 2000-08-11 ■伊・仏 1989年製作 ■監督 Giuseppe Tornatore(ジュ..
Weblog: OOH LA LA - my favorite songs
Tracked: 2006-01-11 00:53

第62回.アカデミー賞『ドライビング・ミス・デイジー』(1989)
Excerpt: 作品賞:ドライビング・ミス・デイジー 『ブルース・ベレスフォード監督』 人種への偏見が根強いアメリカ南部の町。老いてもなお、威厳だけは失わない未亡人・デイジーに、黒人の専属運転手・ホ..
Weblog: 【Fantastic Cinema】 アカデミー賞 - 受賞作品カタログ
Tracked: 2006-01-12 12:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。