2007年09月26日

手術2

今日は8H


今日は2回目の手術でした。

何の手術かって?


それはもう大手術です。



って冗談です。

親不知を抜いたんです!!

一応手術ですよ・・・

先日歯医者に行ったら、親不知は早めに抜いたほうがいいと言われて、どうせ抜くなら痛くないうちに・・・

と思って抜きました!

なぜ親不知と言われるかというと

親知らずは20歳前後で生えてくる歯のため、平均寿命が40歳前後だった昔の人たちは、自分の子供の親知らずが生えてくる前に亡くなってしまってこの歯を見ることが出来ない、というのが親知らずの名前の由来だと言われています。


歯チャンネル88より参照

上記サイトによると
親知らずを抜く場合には、生えてきたら出来るだけ早い方が良いです。(つまり20歳前後が最適)
その理由は以下の通りです。

虫歯や歯周病になってからでは遅い。

若い時の方が、親知らずを抜いた後の骨の回復が良い。

抜く時期が遅いと、親知らずが骨と引っ付いてしまって抜くのが大変になることがある。


だそうです。

ちなみに私の場合はまっすぐに生えていたので全く痛くなかったですよ♪

抜いた歯を見てみると、少し虫歯になってました。

やっぱり歯ブラシが届かないので、虫歯になりやすいようですよ。

さあ、まだ抜いてない人は今のうちに抜いてしまいましょう!

posted by ラッパ吹き at 20:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 挑戦! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
親不知は大事に育ててまするんるん
Posted by コロッ at 2007年09月26日 22:12
ボクも育成中手(パー)
Posted by たか at 2007年09月27日 06:40
人にもよるけど、生えてる人は絶対にいつか抜かないといけない日がくるから、若いうちに抜いておいたほうがお得よ!

歯医者の先生も若い時に抜いておけばよかった・・・っとぼやいてました。
Posted by ラッパ吹き at 2007年09月27日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57398921

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。